暫さんのふとまゆげ

大嶋暫と申します。なんでもキュレーター。書評を中心に様々なコラムやエッセイを書いております。

未熟税の導入について

ANAの取り組みがネットで話題になっている。 機内で赤ちゃんが泣かないようにするための耳栓などを企業と協力の上 開発して快適な環境を作っていこうという取り組みだ。 事態を打開していこうという取り組み事態は良いのだが、 これに対する世間の反応が…

国を変えるための方向性について

電通の過労死事件に判決が下された。求刑通りの50万円。 金額の多寡はともかくとして、モウレツ会社にまったがかけられた事例といえよう。 なぜ過労死が起こってしまうのか。 一つの理由は、日本人のまじめさからくるものといえるだろう。 バブル経済を経験…

不届きな返答

私は何を隠そう不届きものである。 「世界不届きもの選手権」なる大会があったとしたら、優勝する自信も持ち合わせている。正直下衆野郎であることも否めない。こうしてあらかじめ自分で言っておくことで 人からあまり指摘されないようにしていることがあざ…

大人の嗜みについて

皆さんは「大人の嗜み」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。 私は、「ボトルを入れる」を咄嗟に思いついた。 私自身、齢34歳になるがいまだかつてボトルを入れたことがない。 母親に問うてみると、昔は誰しもボトルを入れていたそうである。 やはり経験不足…

地域の運動会について

本日9月24日は住んでいる地域の運動会に参加した。 最後に運動会に参加したのは、かれこれ20年ほど前になる。 結論から言えば、大変有意義な時間となった。 なんでも今年で46回目を迎える、大変に歴史のあるイベントらしい。 それを裏付ける証拠に、県知事の…

ドライヤーの時間

人生でもっとも無駄な時間は言うまでもなくドライヤーの時間である。だったら、坊主にすればいいではないかという声も方々から聞こえてきそうだ。坊主にしたいという思いは常々ある。しかし眼前に悠然と立ちはだかるのが我が家族である。 はなはだ遺憾ではあ…

気づいた人からやめている

「気づいた人からやめている」 こんなキャッチコピーが地方自治体から登場するのもそう遠い将来ではないかもしれない。 おそらく、今40代くらいまでの世代は、年金で老後を生活することなど夢物語であることにうすうす感づいていると思う。 気づいてはいるけ…

遠回りの効能

日常生活における遠回りは基本的に損した気分になる。 タクシーで遠回りされる。選んだ道が遠回りで時間をロスした。 蛇足だったと感じることもあると思う。ちょっと付け加えた遠回り(蛇足)がプラスに転じることもある。 歩くことは良いこととされているが…

日本に危険な点取り屋が少ない理由

先日のワールドカップアジア最終予選、オーストラリア戦は、2対0の快勝だった。 久しぶりにスカッとするような試合を見たと感じた人も多かったのではないか。 中でも強烈なインパクトを残したのは、井手口選手だと思う。ミドルシュートでのゴールというのは…

会社員を辞めたとも日経は購読している。

会社員を辞めたあとも、日経新聞は購読している。 理由は、ビジネスの世界の情報から離れすぎると自分がつまらなくなるような気分に襲われるからだ。 今までのように自分の仕事に照らし合わせながら記事を読むことは難しくなったが、 なるべく目を通し吸収す…

蚊に刺されたときの対処法

※この文章は一部フィクションが含まれると同時に著者の偏見で満ち溢れております。 あらかじめご了承ください。 蚊に刺されたときの対処法を見れば、その男の価値がわかるというものである。 まず、あからさまにかゆがって、掻きむしったりするのは、愚の骨…

色気を手放す若者達

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51879?page=2 この記事を読んで、若い人達は本当の意味で草食動物になっているんだと実感した。 例えば、この50年で世の中のヒーロー像は大きく変わってきている。 ざっくり書いてみる。 今の50代、60代はゴルゴ13やケ…

痴漢の冤罪を撲滅するために

提案したいことがあります。 ビジネスマンのリュックサック利用の義務付けです。 私は極端な性格なので、法的に義務付けてもいいとすら考えております。 メリットは2つあります。 ①常に両手が空く。 ②電車で、リュックを前に持って文庫を広げれば痴漢の冤罪…

インプットとアウトプット

http://studyhacker.net/columns/johou-syusyu マネックス証券の松本社長は大好きな人の1人だ。理由はサウナをこよなく愛している事。 なんとなくサウナ好きは仕事好きな気がする。 やるべきことを大量にやる事が大事というのは、どこかで松本さんが言ってい…

朝日記

こないだ日本テレビの行列を見ていて、満島真之介が出ていた。 底抜けに明るい彼はドラマの現場などでもムードメーカーらしい。根暗を自負する菜々緒は師匠と仰ぐ存在だとか。 そんな彼の日課が、朝日記。 その日に期待してイメージしたものを書くというもの…

マネジメントの要諦

https://m.newspicks.com/news/1578945/ 命令を減らす為の仕組み努力を継続できる方法論 これは本当に難しい。 ノウハウを明文化して以下に伝えていくか。 まだまだ勉強です。

フジテレビの復活策

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51761 トップ人事も必要かもしれないけど、個人的には、一部だけでも繁華街に移転した方がいいと思う。 六本木に来たらさらに街が面白くなりそう。 テレビマンが飲み屋街の近くにいれないのは可哀想だと思う。

知的な老い方

異業種の方とコミュニティを作るというのは大切なのはわかるけどなかなかできないこと。 チャレンジしてみよう。 外山滋比古さんのインタビューより http://president.jp/articles/-/22097?display=b

銭湯とG1レース

先週はオークス、今週は日本ダービーとG1レースが2週連続で行われた。 先週の15:30過ぎに銭湯に行ったのだが、自分を含めて3人しかお客さんがいなかった。日曜日は結構混むことが多いのになぜだろうと疑問に思った。 理由として、浮かんだのはG1レースのた…

ラーメン二郎の件

ラーメン二郎の店員さんがお客さんを罵倒したことが話題になっている。 なんでも来店初めてのお客さんで、小を勧めたが大にチャレンジし、残して帰ったらしい。ここまでは、良くありそうなことだが、その後がいけなかった。 「クソ野郎」「二度とこないでく…

売れる人の共通点

もうすぐ営業10年目に突入するので改めて売れる営業について 共通点をまとめてみたいと思う。 ・ルーティンを大切にしている。 ・ダメ元でも提案をし続ける。 ・(男性の場合)異性に目がない。 ・褒め上手 ・成功事例をすぐに横展開する。 ・(商談記録など…

息子0212

息子は2016年の4月3日に生まれ早くも10ヶ月を迎えた。 最近は、「はいはい」はお手の物。つかまり立ちも頻繁にするようになった。 引き出しを開けたり閉めたりをひたすら繰り返したりするが、 なるべく止めないようにしている。 できるだけ熱中している状態…

男の4分類

‪昨日奥さんに言われた事。‬ ‪1位仕事一生懸命でリア充な人‬‪>モテるから心配。。‬‪2位仕事一生懸命だがリア充ではない人‬‪>一緒に楽しめれば良いと思う。‬ ‪714位仕事一生懸命でなく、リア充‬‪714位タイ仕事一生懸命でなく、リア充ではない。‬ ‪実は②と③の…

営業日誌0513

またありがたい出会いがあった。一人はリテイナーも行っている紹介会社の社長。もう一人は今年2年目の人材系コンサル会社の営業担当の方。今日学んだこと・例えるなら事業責任者は料理人。現場スタッフは食材。現場スタッフは替えがきくが鮮度が命。・事業責…

息子が生まれて1ヶ月

4月3日に息子が生まれてからはや1ヶ月になります。 正直あっという間でしたが、日々着実に成長していることを実感しています。 うちの息子は布おむつで育てています。 自分に予備知識がなかったので、当たり前のようにやっているのですが、 主流は紙おむつの…

お宮参り

家族でお宮参り。碑文谷八幡宮へ。ちょうど100日を迎えたご夫婦に出会う。 帰りに家の近くで妻のママ友に出会う。さっき陣痛来ててみたいなんだけどおなかすいたので外に出てきたと。お母さんという人たちはどこまでいっても強靭な人たち。 頭が下がります。…

会社のゴルフコンペに参加して気づいたこと

5月2日は、会社グループ全体が休暇で、毎年恒例でゴルフコンペが開催されている。 上は社長から下は入社年次の浅い若手社員まで幅広い層が参加するイベントだ。 自分は、一度会社のゴルフに参加したことはあったが、5月2日のゴルフコンペは参加したことがな…

歯磨きの予習

歯磨きを2回に分けることがある。 たとえば、お風呂に入っているとき、ついでに歯磨きをしてしまおうとする。 その時、ちょっと待てよ、この後アイスとか食べるかもしれないなと思いついた場合、 私は、歯磨き粉をつけずに歯磨きをする。 歯磨き粉をつけて歯…

営業マン、そして人としての変化

もう入社して8年が経つが、正直まだペーペーの営業マンとして仕事をしている。 同期は2人既に部長として活躍しているのでその差は歴然としている。 ただ、自分も少しずつ変化がでてきたと思う。 少しずつ数字の管理やマネージャーっぽいことをやり始めたが、…

自分は今業界で何番目くらいなのか

最近、業界で自分が何番目くらいの営業マンなのか、不安を感じるようになりました。 また、自分が一番でないと気が済まないようになってきました。 なぜそう思うようになってきたのかは、良くわかりません。 自分の性格から考えると、大きな変化で奥さんには…