書評習慣

読書は年収に比例すると思います。新卒から約10年法人営業に従事したのち、縁あって地方都市へ移住。妻の実家の事業を継いで、ほぼセミリタイアの状態に。何不自由がない生活になったので、とにかく謙虚に生きることを心がけております。二人の子どもに恵まれ育児に奮闘中です。昔から本好きだったので、面白い本を紹介したり、コラムを書いたりしています。最近ハマッていることは、料理、株式投資、ホームセンターです。30代半ばダウンタウン世代のど真ん中です。

書評『絵本を作る』五味太郎

最初のページに全ての結論が書いてありました。

 

「楽しくて楽にできることでないと頑張れない」と。

 

勝手に五味太郎さんからの最大のメッセージであると

受け取りました。

 

こないだ、石野卓球さんもTwitterで、

「努力したほうがいいというのは、見込みがないやつに向けての言葉」

という意味合いのツイートをしていました。

 

楽に楽しくやれないことは、無理してやる必要はない。

それが今回の結論です。

 

せっかくの機会なので、自分にとって、楽に楽しくできることって何だろう?

と考えてみました。

 

文章を書くこと(趣味の域を出ていないけど・・・)

絵本の原作(まだ成果は出てないけど、なんか好き)

法人営業(一応元トップセールス

交通整理(もはや趣味の領域)

料理(1年続けてだいぶ楽しくなってきた)

文章を読むこと(育児に終われ最近あまり読めてない。。)

車の運転(実は、苦にならない)

ずっと座っていられる(実に苦にならない)

二次会の司会(”神司会”と言われたことがあるw)

 

私の場合はこんな感じでしょうか。

 

戻りますが、

前述の五味さんの言葉は至言だと思います。

 

正直、人間向いていないことや自身が楽しめないことを続けても

成果は薄い。それよりも、楽で楽しめることをひたすら続ける方が、

成果も上がるし、楽しい。

 

そういう意味で、この本は、絵本作家を目指す人だけではなく、

何かを目指す人には、最初の数ページだけでも目を通してみてほしいと思います。

 

継続していて気がついたら上達している。

そんな分野こそ、自分自身に向いている分野なのではないでしょうか。

 

あとこれは私の深読みかもしれませんが、やりたいことがないことも

別にそんなに悲しむべきことではないんじゃないかと分かります。

 

やりたいことがあることは別に偉くもなんともなくて、

むしろ、楽してやれることが何かを気づいている人の方が、

幸せと言えるかもしれない。

 

簡単に成功できる可能性があるからです。

 

簡単に成功できることが悪いことか?

全然そんなことはないと思います。

 

努力なく成果が出せるなら自分も周りもハッピーです。

 

この本を手に取って、絵本作家に自分は向いてないなと

気づけたら、それはそれで大きな財産だと思います。

 

↓↓↓良かったらこちらのリンクからご購入をお願いします↓↓↓

 

【エッセイ】図書館や書店で何を読めばいいのかと途方にくれないために

みなさんは、現時点での自分の問題意識をクリアに整理できていますか?

 

もう少し言い換えると、仕入れたいと思っている情報について常に整理できていますか?

 

私は、いつも漠然とはイメージしているものの、まだまだその整理が甘いほうだと思います。

 

というのも、こないだ、図書館に行ったときに、子ども用の絵本はなんとなくポンポンと借りられるのですが、その他の自分の読書用の本については、何を読もうかな?とちょっと途方にくれてしまったんです。正直、ぶらぶら見ながらピンとくるものを手に取ればいいのですが、子どもを一緒に連れてきている為、本を物色する時間にかなり限りがあります。

 

こないだTwitterを見ていて、「読むべき本が手元にあることは素晴らしいことで、読むスピードが速くて、読む物がなくなってしまうのは、決していいことではない」という内容のツイートを発見しました。

 

要するに積読の素晴らしさを問うているわけですね。

 

なので、読みたい本が常時存在していることは、幸せであると共に、自己研鑽の側面からも重要だということに気づいたのです。

 

今回は、今の自分が何に興味を持っているのか整理しながら、本選びをスムーズに行える方法を整理しておきたいと思います。

 

同じような悩みを抱えている人がいた際に、ヒントになれば幸いです。

 

私の場合の問題意識は、今のところこんな感じです。

 

料理:今唯一の趣味であるから。

小説・物語:面白さを追求するため。絵本作りのヒントを得るため。

家づくり:庭付き一戸建てが欲しくなってきたので。

投資:収入のチャネルを増やしたい。効率的な不労所得の作り方を学びたい。

昔話:絵本原作に役立ちそう。

絵本:読み聞かせは楽しい。絵本作家になりたい。

ホワイト企業:永続する企業を作りたい

筋トレ:腹筋バキバキに割りたい(これは問題意識ではなくただの願望か)

モラハラ夫の撃退:家事育児しない男は許せない。

相続:奥さんが事業承継をするから。

 

こんなところでしょうか。

もっと言うと、自分の興味関心って10個しかないのかと普段の不勉強を少々呪いたくなりました。

 

ただ、基本的に興味関心がある分野でないと、本を読んでいても深くは頭に入ってこないので、10個あるだけでも十分なのかなと。

 

これだけあれば、とりあえず図書館や本屋のどの棚を見に行けばいいのか一目瞭然で分かりますね。

 

スマホのメモ機能に残しておいて、常に閲覧できるようにしておくことも重要だと思います。

 

あとは、ネットの検索履歴から自分が何に興味を持っているのかを洗い出してみるのも自身の興味関心を整理する上で、有効な気がします。

 

生涯学習する自分でありたいものですね。

【エッセイ】文章を書き続けてみて分かったこと

振り返って見ると、2015年にこのブログを開始していました。

かれこれ5年が経過しました。

 

これまでの記事本数は、206本。

 

年間41本、月あたり3.4本 

週1本いかない位のペースで続けてきたことになります。

 

これが多いのか少ないのか。

 

良く分かりませんが、ブロガーとして、働いている人からすれば、

非常に少ない本数なんだと思います。

 

ちょっと調べてみました。

 

ブロガーと言えばこの方、イケダハヤトさん

 

と、ブログを見に行ったものの、記事数を数えるのが面倒だったので、

1日1本アップしていた仮定することにします。※おそらくイケハヤさんは

もっとアップしているはずですが。

 

そうすると、年間365本。

仮に5年間続けると、1825本

 

私の9倍のボリューム。。。物凄い差です。

 

それで、今回のこの記事で私が何を言いたいのか。

 

とてもブロガーとはいえないペースですが、数年に渡って書評や雑文を書き続けてきました。

 

「書く」という行為を通じて、

素人なりに気づいたことや成果を以下にまとめておきたいと思います。

 

①PCの前に座って何を書けばいいか途方にくれることがなくなった。

 

文章を書き始めた当初は、PCの前に座っても何をどう書いていいのかさえ分からず、

よく途方にくれていました。書き出しが一向に進まない。

 

でも現在は、タイトルさえ決まれば、

どんどん書き出せるようになりました。

 

②1000~2000字くらいの文章を書くことがあまり苦ではなくなった

 

一時クラウドソーシングで執筆していたこともあって、

まとまった文章量を書くのは本当に楽になりました。

 

③タイピングが速くなった

これは、文章を書いていて、仕事に直接役立った

一番のことかもしれません。

 

④文章を推敲するようになった

 

Facebookでもよく投稿をするのですが、リアルな友達に向けての発信になるため、

文章を書きながら色々な人の顔を思い浮かべます。

そうすると、下手なことは書けないし、言い回しや構成にも気を配るようになるので、

何回も文章を見直し、書き直すようになりました。

 

Facebookはやる人やらない人、賛否両論も多いと思いますが、文章の推敲力を高める目的で活用すると、とても役に立つツールだと思います。



以上です。

 

私は、まだまだ文章でお金を稼ぐレベルには、

ほど遠いですが、それでも、文章が書けることは1つの大きな武器だと思っております。

 

あと、大事なことを忘れていました。

 

書くことがあまりない時に、今回のような文章も書けるようになりました笑

 

ここからまた5年文章を書いてみて、5年後に何を思うのか。

 

楽しみながら続けていこうと思います。

【エッセイ】町内の仕事をやって出会った勤勉で無能な人の特徴

私は、今年度町内会の防災委員長に就任しました。

 

うちの町内では、各役員は輪番制なので、なんらかの役職が数年に1回、必ず回ってくるシステムです。

 

苦手な人にとっては、結構な重荷であろう町内関係のお仕事。私の場合は、なんとかエンジョイしております。

 

というのも、考えようによっては普段できない新しい経験ができるので、糧にするべく、プラスに捉えています。

 

たとえば。

 

皆様は、ガソリンを廃棄したい場合、どこに持ち込めばいいか分かりますか?私は、正直防災委員をやるまで、検討もつきませんでした。

 

地元で廃油業者さんを探し、自分で持込、廃油の契約書をかわし、引き取ってもらうんですね。

 

「それが何のプラスになってるんだよ!」とツッコミを受けそうですが、なんでもできないよりはできたほうがいいに決まってます。

 

なんとかエンジョイしているわけですが、どうしても許せないことが1個だけあります。

 

それは、月に1回、様々な地域の防災委員が集まる連合会議というものに、参加しなくてはならないんです。

 

毎月、第二水曜日の19:00スタート

終了はほぼ21:00です。

 

どうです。なかなか重たいですよね笑

 

まだコロナの影響が色濃くの残る昨今ですが、ガッツリ2時間近くやります。

 

で、何が許せないのか?

 

会議の司会を担当している方の話が、異常に長いんです。

 

もう異常に長いんです。

 

第一回はレジュメ2枚で50分喋り、第二回は、他に大事なテーマがあるのに、どうでもいいレジュメ(さすがに失礼かもしれないけど)5枚で45分間喋ってました。

 

開いた口がふさがらなかったのが、19:50~話し始めて20:35頃、「時間も押してきたので、残りは割愛させて頂きます」と言い出したこと。

 

「えっ!?資料見る限り、割愛する方がメインの気がするけど。。」

 

と内心思っていたら、

 

隣にいた連合会議の会長さんが、最後はマイクを半ばひったくり補足をされていました。

 

要するに、会議の長さもさることながら、その会を司る方(幹事)の力量の低さに辟易しているんです。

 

第一回の時点で、司会の人のヤバさに気づいていたので、第二回は、内職をしてやりすごそうと思っていました。

 

2時間じっくり、絵本の原作でも作ろうかなと考えていました。

 

しかし、その夢は、もろくも崩れ去りました。

 

あまりにも話が下手くそなので、聞きたくなくても耳に入ってきてしまうんです。

 

で、今回の会合におけるハイライト部分(最悪の部分)をご紹介します。

 

司会の方の話があまりにも長いので、スマホをいじって遊んでいた時、

何か視線を感じました。

 

顔をあげると、その司会の方がこっちを睨みつけているではありませんか。

 

「お前は俺の話が聞けないのか」とも言いたげな態度でした。

 

「睨みつけたいのは、こっちだよ!今は何の時間なんですか?」とツッコんでやろうと思いつつも、一応最後まで聞き流しました。

 

で今回、なぜこんなことをつらつら書いているかと言うと、正直、話がつまらなすぎて、内職をする気力も失せたので、目の前で喋っているこの人の喋りの何が課題なのか分析をすることに切り換えることにしたんです。

 

せっかく大切な2時間を使ったので、記事として昇華させようと。

 

結論から言えば、

 

話が長い・つまらない ということなんですが。

 

それは、なぜか?

 

①発表のゴールを決めていない

手元にレジュメを用意して喋っているが、詰め込んだ情報を

1→100まで全て話している。聞く方からすると、メリハリがないし、つまらない。

今日何を伝えたいのか、編集・推敲をしていないからこそ、

作成したノートを全て喋ってしまうのだと思います。

 

②よって話す内容の取捨選択ができていない

→①とリンクしていますが、何をどれだけ話すかを決めていない。作成したノートの情報すべてを聞き手に伝えようとしている。

 

立ててみた仮説は以下の3つです。

 

仮説①

情報は多いほどいいと勘違いしている

 

仮説②

自分を客観視できていない

 

仮説③

会議(手段)の自己目的化

 

正直、仮説にしなくても全部当てはまっているかなという感じです笑

 

では、この幹事の方一体全体どんな話しぶりなのか?

 

自己紹介を例にとって説明してみようと思います。

 

「私の名前は、山田太郎です。年齢は、35歳、1985年生まれです。

生まれは、東京都なんですが、東京都いえば、現在は小池知事がトップです。

こないだの選挙はみなさまの記憶にも新しいところだと思います。

私は、東京の江東区の生まれで、小さい頃は、親父の勤めている会社の社宅に住んでいました。当時はまだ東京でも緑が多くて小さい頃は地元の公園を走り回っている子どもでした。

今だと、外で走り回っていると白い目で見られることもあって生きにくい世の中になったなあなんて感じることもあります。・・・」

 

とこんな感じで取り留めのない話が延々に続く。

 

そんな感じなんです。

 

家に帰って家族に共有したら、

 

その人は、ゼークトでいうところの、無能で勤勉な人だね

 

と結論づけられました。

本文を引用しておきます。(所説あるそうです)

 

有能な怠け者は司令官に、有能な働き者は参謀にせよ。

無能な怠け者は、連絡将校か下級兵士にすべし。

無能な働き者は、すぐに銃殺刑に処せ。

 

テックキャンプ

https://tech-camp.in/note/pickup/75252/



お気づきの方も多いと思いますが、一番指揮官にしてはいけない人が幹事の職についている委員会にあと半年以上在籍しないといけないのです。

 

来月は地域の防災センターで研修会なので、地獄の会議は、3月までで残すところ後7回。うち1回は奥さんに出てもらうことにしました。

 

私は基本的に勤勉な性格なのですが笑、

久しぶりにズル休みをしようかなと画策してます。

ファンになるというプロセスを分析してみた。

面白い方を発見しました。

競輪選手の別所英幸さん。(小倉けいりん)

 

レースで1位を獲ったら保育園に絵本を

寄付しているそうです。

 

その心意気に一気にファンになったので、

競輪はじめてみることにします。

※ちょっと調べたら単勝はないんですね。。。

 

この10分くらいの自分自身の動きを観察してみて、

ファンになるきっかけって結構単純なんだなと思いました。

 

「この人を応援したい!」

 

この感覚何だと思います。

 

これは、大切にしていきたいと思います。

 

なぜ、ギャンブルをほとんどやったことがない自分が、競輪をはじめようと思うほどに別所選手に入れあげたのか?

 

これは、ひとえに、私自身が絵本を愛しているからに他ならないと思います。

 

絵本作家を志しているし、子ども達とは毎日一緒に絵本を読んでいます。

 

絵本の読み聞かせに関しては、賛否両論あると思いますが、私自身は、子ども達が望む限りは、絵本を一緒に読んでいこうと思っています。

 

それはいいとして、今回書きたかったのは、

 

ファンになるというプロセスそのものについて。



①自分が愛しているものを愛している人がいる。

 

②その人が、その分野で他者に貢献しようとしている。

 

この2点がポイントなんではないかと。

 

そういえば、先日アメトーークで「バラエティ大好き芸人」を見ていて、パンサーの向井さんやノブコブの徳井さんが改めて大好きになりました。

 

その理由は、私が愛してやまないバラエティ番組に関して熱を持って語っていたから。

 

これも同じですね。自分が愛するものを愛している人を発見。その人が、そのことを面白おかしく語っている(これも1つの他者貢献だと思います)

 

SNSを活用して、ビジネスが成立するこの時代。

 

ファンづくりというのは、法人、個人に寄らず、事業において最も重要な活動の1つだと思います。

 

じゃあ、そのファンを作るためには、何をすればいいのか?

 

シンプルに言うと、あなたが愛しているもので他者に貢献する。

 

これなんじゃないかと。

 

愛情をおすそわけするとファンになってもらえるんではないかと。

 

自分自身がファンになったプロセスを

分析していたら、気づきました。


わざとらしくやるとうっとうしいですけどね笑

 

※私が別所さんのファンになったきっかけとなった記事はこちらです。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/620393/

 

売れ続ける人=成長し続ける人の共通点

約10年間法人営業をやっていたので、色々な営業マンを身近で見てきました。

 

売れる営業の共通点っていくつかありますが、

 

今回紹介したいのは、自分に関するネガティブなニュース程ポジティブに受け取るという点です。

 

改めて書こうと思ったきっかけは、Twitterにおけるモテコンサル勝倉さんの以下の反応です。

 

f:id:kzoshima:20200629125147j:plain

 

すかさず

 

「悪い評判教えて!」とコメントしています。

 

普通なら、自分に関する悪い評判なんて、耳を塞ぎたいはずなんです。

できることなら聞きたくない。それが人情であり、人の心理だと思うんです。

 

けど、モテコンサル勝倉さんはそれをしなかった。

 

むしろ、積極的に情報収集し、自身の営業活動に繋げていくんだと思います。

 

営業時代よく言われていました。

 

受注理由も失注理由も次に活かせと。

 

なぜ受注できたかは、お客さんの背中を押すときにその理由が活用できることがある。

 

なぜ失注したかは、お客さんが何に迷っているのかを探るきっかけになる。

 

自分の問題点をいち早く把握し、問題解決に繋げていくことは、

効率的に成長していくために、不可欠の思考回路だと思われます。



【エッセイ】1955年生まれの経営者を口説くためのカラオケラインナップ

今回は、非常に具体的な話を書いてみたいと思います。

 

本題に入る前に、改めて自己紹介をさせてください。

 

私は、現在30代後半、元々東京で法人営業の仕事をしておりました。

 

妻のお父さんが脱サラをし、事業を開始、今は声をかけて頂き、実質、事業を引き継いでいます。3年前に東京から現在住んでいる地方都市に移住をしました。

 

結婚して、かれこれ6年が経ちますが、移住する前から、遊びに行くと、夜飲みにつれて行ってもらっていました。

 

カラオケにいくこともあれば、いきつけのスナックにつれて行っていただき、一曲歌うこともありました。

 

かいつまんでいうと、義父には2人の娘がおり、長女の旦那さんが事業を引き継がなかったため、次女の旦那である私に白羽の矢がたったわけですが、結果的には、お眼鏡に叶うことができたから引き継いでもらえたのかなという気もしています。

 

ではなぜお眼鏡に叶うことができたのか?

 

少しずつ本題に入っていきますが、このお父さん(義理の父)というのが、何を隠そう1955年生まれ。

 

強烈な人が多いと言われる世代です。

 

少し有名人も含めて名前を列挙したいと思います。

 

明石家さんま島田紳助所ジョージ上沼恵美子

 

郷ひろみ松山千春西城秀樹

 

いがらしみきお寺沢武一

 

藤原和博成毛眞スティーブ・ジョブズ、ブルース・ウイルス・・・

 

どうでしょうか。

錚々たる顔ぶれといってよいのではないでしょうか。

 

なんだかややこしそうなオジサンが多いですね笑

 

世代論というのは、あまり意味はないわけですが、価値観の傾向というのは私はあるのではないかと思っています。

 

この世代の特徴は、

 

・好きなように生きる勝手な人が多い。

・でも、下の世代に対して結構面倒見がいい。

・えこひいきが非常に強いようにも感じます。

・自分の価値観に合う人を可愛がる

 

つまり、親分肌の人が多いかなというのが私の1955年生まれの方にもっていた印象です。

 

いやらしい話ですが、可愛がられた方が得な人たちなんです。

 

なので、カラオケやスナックが好きという情報をゲットしたあたりから、努めて、当時のヒット曲を収集するようになりました。

 

やり方は、簡単です。

 

カラオケにいったときに、リモコンに「生まれ年」と「年齢」を入れて、曲を検索する機能があります。

 

1955年生まれ、年齢20歳のときのヒットソングと検索するわけです。

 

つまりは、1975年にヒットした曲が、おそらくストライクゾーンの曲になるであろうと

想定しました。



順位

曲名

歌手名

1

サボテンの花

チューリップ

2

22才の別れ

3

年下の男の子

キャンディーズ

4

時の過ぎゆくままに

沢田研二

5

『いちご白書』をもう一度

バンバン

6

シクラメンのかほり

布施明

7

酒場にて

江利チエミ

8

俺たちの旅

中村雅俊

9

襟裳岬

森進一

10

千曲川

五木ひろし

11

想い出まくら

小坂恭子

12

我が良き友よ

かまやつひろし(ムッシュかまやつ)

13

私鉄沿線

野口五郎

14

中の島ブルース

内山田洋とクールファイブ

15

昭和枯れすすき

さくらと一郎

16

わたし祈ってます

敏いとうとハッピー&ブルー

17

ロマンス

岩崎宏美

18

PLEASE MR.POSTMAN

CARPENTERS

19

旅愁

西崎みどり

20

裏切りの街角

甲斐バンド

 

JOYSOUND あの頃のヒット曲より抜粋



実際にこの中から歌ってみた曲もあるのですが、

「こんなのよく知ってるなー!」とお褒めの言葉を頂きました。



自分の好きなカラオケを歌えるからという理由だけで、事業を任せてもらった訳ではないと思いますが、気に入ってもらえる要因の1つにはなったかなと振り返っています。

 

1955年生まれの世代は、今年65歳。

引退を考えている人もいれば、現役バリバリの人もいます。

 

顔も広く遊び慣れている大人が多いので、正直、可愛がられて損をすることは絶対ありません。

 

取引先の社長さんとカラオケにいく機会があったら、是非、歌ってみるか、曲を入れてみるかしてみてください。

 

20代、30代のあなたからそれをしてもらったらその社長さんはおそらく喜ぶと思います。

 

上手くすれば、「婿にならないか?」なんて話も舞い込むかもしれませんよ。

 

結構マジで。