暫さんのふとまゆげ

大嶋暫と申します。書評を中心に様々なコラムやエッセイを書いております。

歯磨きの予習

歯磨きを2回に分けることがある。

 

たとえば、お風呂に入っているとき、ついでに歯磨きをしてしまおうとする。

その時、ちょっと待てよ、この後アイスとか食べるかもしれないなと思いついた場合、

私は、歯磨き粉をつけずに歯磨きをする。

 

歯磨き粉をつけて歯磨きをしてしまうと、その日が終わってしまうような感覚とともに、何かを口に入れることに対して、急に罪の意識がでてきてしまう。

 

なので、下準備とばかりに歯磨き粉をつけずに、磨いていくのである。

これを私は、「歯磨きの予習」と呼ぶことにした。