暫さんのふとまゆげ

大嶋暫と申します。なんでもキュレーター。書評を中心に様々なコラムやエッセイを書いております。「肯定の哲学」を紡ぎます。

趣味の交通整理

地元に趣味で、朝、交差点の交通整理をやっているお兄さんがいます。

年の功は20代半ばくらいでしょうか。

今朝小学生に「月給いくら?」と聞かれていました。ナイスな不意打ちでした。

「他の事もやっている事を考慮するとそうだね〜」と流していた。

子供は残酷である。

またわざわざ早朝に交通整理をする心理も非常に興味深いです。