暫さんのふとまゆげ

大嶋暫と申します。書評を中心に様々なコラムやエッセイを書いております。

色気を手放す若者達

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51879?page=2

 

この記事を読んで、若い人達は本当の意味で草食動物になっているんだと実感した。

 

例えば、この50年で世の中のヒーロー像は大きく変わってきている。

 

ざっくり書いてみる。

 

今の50代、60代はゴルゴ13ケンシロウ本宮ひろ志の主人公達、島耕作など。

>権力に1人で立ち向かう一匹狼

 

今の30代、40代は孫悟空仮面ライダーウルトラマンキャプテン翼

>強烈な個性を持つリーダーだが、仲間思い。

 

今の10代、20代 ルフィ、ナルト、

>一見個性はないが仲間思いのいい奴

 

歳を追うごとに明確に欠けていっているものがある。

 

何か?

 

それは「色気」である。

 

色気とは、では何か?

強烈に異性を惹きつける独特の雰囲気と言って良いだろう。

 

色気を放つ男に共通しているものは何か?

それは以下の要素である。

 

・孤独である

・ストイックである

・とにかく強い

・生命力がある

・おしゃれ

 

一方色気から一番遠くにいるのが、集団である。和があるというのは一見聞こえはいいが、

間抜けなくらい知性と色気にかけると思う。

虎と羊を比べると分かりやすいと思う。

 

実はどの時代の女性も目の肥えた人は気づいているはずである。

 

①甲斐性があり孤独に強い男>②甲斐性はあるが群れる男>③群れないが甲斐性がない>④群れるし甲斐性もない。

 

ということに。

 

私が危惧するのは、群れているのに甲斐性がない男達だ。

 

群れないが甲斐性がない男もダメではないかという声が聞こえそうだが、このゾーンにいる人たちは女性が守ってあげたくなる人たちなので、ダメンズが面倒を見てくれるケースが結構あるのである。

 

人並みでいいやという現状維持の姿勢だと、

成長はおろか待っているのは退化だけだと思う。

 

このゾーンの割合が増えているのだとすると、結婚にたる男がいないと女性陣が嘆くのも至極尤もだと言える。

 

周りにいる結婚している男を見渡してほしい。

概ね①と②に当てはまるはずだ。

 

私が思う比率は以下だ。

①10%

②20%

③10%

④60%

 

甲斐性がない男が増えると、ますますこれからもおじさん達の天下が続いていくことになる。

 

人並みの人生でいいという人もいるみたいだが、人並みの人生を送るのに並大抵ではない努力が必要な社会はそこまで迫っている、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痴漢の冤罪を撲滅するために

提案したいことがあります。

 

ビジネスマンのリュックサック利用の義務付けです。

私は極端な性格なので、法的に義務付けてもいいとすら考えております。

 

メリットは2つあります。

①常に両手が空く。

②電車で、リュックを前に持って文庫を広げれば痴漢の冤罪防止になる。

 

主に伝えたいの②の用途です。

 

紛れもなく、一番の解決策は男女車両の完全分離だと

私も考えております。

 

ただ、すぐには導入されなそうなので、

暫定措置として、提案したいのです。

 

前に持てば、まずいちもつが前方の人に接触することも

回避することができます。

 

リュックの最頂部に両手を

乗せておけば、絶対に触ることはありません。

 

①の話にも触れますが、私は営業職で基本的に1日中電話をしていたいので、

両手が常に空いていることはかなり快適です。

 

 

 

 

 

インプットとアウトプット

http://studyhacker.net/columns/johou-syusyu

 

マネックス証券の松本社長は大好きな人の1人だ。理由はサウナをこよなく愛している事。

なんとなくサウナ好きは仕事好きな気がする。

 

やるべきことを大量にやる事が大事というのは、どこかで松本さんが言っていたが、

この記事で学んだのは、3つ。

 

①インプットは朝実施

②寝る前に読書

③800文字のコラムを書き続ける事

 

どれも誰にでもやってやれないことはない事だけど、続ける事が極めて難しい事。

 

質の高いルーティンをどれだけ長く続けられるか。

 

成功する人とそうでない人を分けるのは、

案外こんな事なのかもしれない。

 

小さく始めて徐々に拡大していく。

ルーティン化のコツはこの辺りにあると思う。

 

 

 

 

朝日記

こないだ日本テレビの行列を見ていて、満島真之介が出ていた。

 

底抜けに明るい彼はドラマの現場などでもムードメーカーらしい。根暗を自負する菜々緒は師匠と仰ぐ存在だとか。

 

そんな彼の日課が、朝日記。

その日に期待してイメージしたものを書くというもの。

 

番組を見ていなければ、絶対に思いついていなかった。

 

今日も最高の1日にしたいと思う。

マネジメントの要諦

https://m.newspicks.com/news/1578945/

 

命令を減らす為の仕組み
努力を継続できる方法論

 

これは本当に難しい。

ノウハウを明文化して以下に伝えていくか。

 

まだまだ勉強です。

 

フジテレビの復活策

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51761

 

トップ人事も必要かもしれないけど、個人的には、一部だけでも繁華街に移転した方がいいと思う。

 

六本木に来たらさらに街が面白くなりそう。

テレビマンが飲み屋街の近くにいれないのは可哀想だと思う。

知的な老い方

異業種の方とコミュニティを作るというのは大切なのはわかるけどなかなかできないこと。

 

チャレンジしてみよう。

 

外山滋比古さんのインタビューより

http://president.jp/articles/-/22097?display=b