書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

書評『100万人に1人の存在になる方法 不透明な未来を生き延びるための人生戦略』藤原和博  ダイヤモンド社

本来100万人に1人の存在になろうとすると、オリンピックでメダルを取るレベルまで

登り詰めないといけません。

 

これは、非常に大変というかそもそも実現可能性がほとんどありません。

 

でも、著者の藤原和博さんが説く、

方法論は一味違います。

 

100分の1人を3つ掛け算しようと言うものです。

 

これは、藤原氏は”キャリアの大三角形”と呼んでいます。

 

具体的にはどういうことか。

 

例えば、藤原さん本人を例にすると、次のようになります。

第一弾(20代):リクルートで営業マンとして、数年。営業とプレゼント鍛えまくる。

第二弾(30代):営業マネージャーとして10年。マネジメントを叩きこまれる。

第三弾(40代):教育業界へ飛び込み、民間人初の中学の校長先生となる。

 

他には、藤原さんのこの理論を激賞しているキングコング西野亮廣さんも

例としては、分かりやすいです。

 

第一弾:芸人

第二弾:絵本作家

第三弾:オンラインサロンオーナー

 

二人とも置かれた場所で、徹底的に頑張りぬいて咲き誇っているという事実から

決して楽な道ではないということは認識しておかないといけないわけですが・・・

100分の1くらいなら、我々凡人でも何とかなるのではないかと思わせてくれるところがありますよね。

 

藤原さんは、我々の救いになることを主張しています。

それは、誰でも10年くらい1つのことに集中して取り組めば、

100分の1くらいの存在にはなれるということ。

 

何を隠そう私も苦手としていた営業職で社会人をスタートしました。

最初は、苦手意識もありましたが、10年立つ頃には、トップセールスにもなり、

自信を持つことができました。

 

これまでも、藤原さんは色んな本やインタビューでこの理論を主張してきているのですが、

本書が特徴的なのは、このキャリアの三角形を実現した人が、無名な人も含め実例として何人も登場するという点です。活躍されている分野も様々なので、どんな人でも、

読み進めれば、参考になる事例と出会えるはずです。

 

とかく日本人は仕事、職業において一本の道を歩むことをよしとするところが

あったと思います。

 

でも、キャリアの大三角形理論に寄って立てば、何も道を1本に絞る必要もなく、

人生設計を本当に長い目で見て、作っていくことができます。

 

本書は、1つのキャリアにしがみつき市場価値がなくなってしまうことに厳しく警鐘を鳴らしています。でもその事実から目を背けるのではなく、3本の柱を立てることで、ユニークな人生を築くとともに、市場価値も高めて稼げる人材になるという点にフォーカスすることで、人生を前向きに捉えることができる希望の書になりうると私は思います。

 

もっと言えば、今やっている仕事に疑いを持つことも大切ですが、

やり切れていないと思うなら、もう少し踏ん張ってやってみる。

 

納得感のあるところまでやり切ったら、次の道を模索する。

 

急いで成功にたどり着く必要など全然なく、やりたい道を

やりたいように進んでいくことが大事なんだという事も著者の重要なメッセージなのではないかと思っております。







書評『葉加瀬太郎の情熱クラシック講座』サンクチュアリ出版

こういう話が聞きたかった!

 

本書を読んでみて、感じた率直な感想です。

 

クラシック音楽って、とても馴染み深い曲も多いのに、

どこか固くて、古くて、とっつきにくい、そんなイメージがありました。

 

本書は、そんなイメ―ジを一気に吹き飛ばす、

ある意味、非常に”チャラい”1冊と言えるかもしれません。

 

ちょっとだけエピソードのさわりを紹介します。

 

”ベートーベンは、音楽家初のフリーランスだった!?”

 

”リストは超モテモテのチャラ男だった!?”

 

ショパンのナルシストぶりは凄かった!?”

 

歴史に残る超有名な音楽家達の名を聞けば、

なんだかとっても凄いというイメージを抱きがちですが・・・

(音楽室の肖像画が、そのイメージ作りに一役買っているのではないかと私は睨んでおります)

 

本書にでてくるエピソードは、興味をそそるものばかり。



そこは、稀代のクラシックオタクでもある葉加瀬太郎さんが、

週刊文春的好奇心でエピソードを次から次へと展開。

 

ちょっぴり大人向けのエピソードも多いけど、幼少期に音楽家たちのこんな

エピソードを目の当りにしたら、音楽という教科に対する向き合い方が変わっていた人も多いかもしれません。

 

クラシック音楽が作られた背景や作曲家の人間性に迫ると、

より深くその音楽を楽しめるようになるのではないでしょうか。

 

いわゆるゴシップ的な側面から勉強するとっかかりを作る事も

物事に興味を持つうえで、大切なことかもしれませんね。

書評『経営に終わりはない』藤沢武夫 文春文庫

経営者、藤沢武夫さんに興味を持ったきっかけは、

本田宗一郎という技術者とタッグを組んで、

HONDAの経営面(販売、財務、)を一手に取り仕切ったその手腕の一端に

触れたいというものでした。

 

色々と調べるなかで、この本を購入しようと決意したのは、

以下の言葉を知った事でした。

 

「重役は何もしなくていい。俺もそれでやってきた。何もないゼロの中から、どうあるべきかという問題を探すのが重役の役目で、日常業務を片付けるのは部長以下の仕事だ。所長であったり重役であったりするのは、対外的な面子もあり、交渉のときにまずいからそうなっているだけで、重要な問題ではない。だから、役員は全部こっちへ来て、何もないところからどうあるべきかを探してほしい。」

 

縁あって、2代目として事業を引き継ごうとしているのですが、

事業に参画してみて感じた一番の課題は、

現場を取り仕切る人物の”替えのきかなさ”でした。

 

現場のトップを任せている人物がいるのですが、

その人がいなくなれば、事業のクオリティが随分と下がってしまうかもしれない。

 

じゃあ、だからと言って、門外漢である自分がしゃしゃり出て、

現場も取り仕切るのかと言えば、そんな専門性もないし、そこまでやろうとは思わないわけです。

 

では、自分ができること、やるべきことは何か。

事業の未来や事業を継続させるための別の方策に思いを馳せて、

従業員を守り、満足度を上げるすべを日々考え続けることだと

本書を読んで確信しました。

 

ただただ物思いにふけっていると、従業員からどう思われているんだろうと

気になることもあります。

 

だけど、経営者は、考えることから逃げてはいけない。

サボってると誤解されるかもしれないことに耐えないといけない。

 

だから、役員には個室が用意されるのかもしれませんね。

 

話は変わりますが、現在日本には、後継者問題を抱えている企業が、

約18万社あると言われています。

帝国データバンク 特別企画:全国「後継者不在企業」動向調査(2018 年)より

 

中小企業経営のバトンを受取りたいという若者はあまり多くはないのかもしれません。

でも、近い将来経営者としての道を歩み始める人がいるとしたら、

本書は、参考になる本だと思います。

 

書評『新・魔法のコンパス (角川文庫) 』 西野 亮廣 角川文庫

何者かになりたい!

 

というのは、多くの人の願いかもしれません。

 

何をどうすれば成功できるのか不透明な現代において、

非常に分かりやすい指針を掲げている男がいます。

 

キングコング西野亮廣さんです。

 

その特徴を一言で表すと、

 

「本業だけで勝負しない」ということになります。

 

西野さんは、M-1グランプリにも出場、『はねるのトびら』というコント番組が大ヒットしている売れっ子芸人さんでした。本業だけ勝負しても十分成功者といってよいかもしれません。

 

しかし、ある時、ひな壇の番組には出ないと宣言し、様々な批判を浴びながら、

独自の道を突き進んでいきます。

 

キーワードは、絵本作家、オンラインサロンです。

 

話は横にそれますが、

 

リクルート出身で、公立中学の校長も務めた藤原和博さんが、

100万人に1人の人材になろうというコンセプトを掲げております。

通常100万人に1人の人材とは、オリンピックに出場するような人材で、

血のにじむような努力と才能が必要な世界になると。

 

でも、藤原さんが薦めているのは、そんな茨の道ではなく、

100人に1人×3分野=100万分の1という公式です。

 

100人に1人なら、1万時間の法則を当てはめれば、達成はそこまで難しくないそうです。

 

この藤原さんの考えに感銘を受けた西野さんは、

この前に挙げたキーワードと芸人をかけ合わせて、

 

「芸人×絵本作家×オンラインサロン」

 

の3本柱で勝負に出ます。

 

結果は・・・みなさんの知っている通りです。

 

せっかく藤原さんの考えに感銘した西野さんの著作を読んだので、

現代で、この3本柱で活躍している人がいないかちょっと考えてみました。

ぱっと思いついた人が3人いました。

 

星野源さん、大泉洋さん、さかなくんの3名です。

 

星野源 音楽×俳優×エッセイ

 

大泉洋 トーク×ドラマ×映画

 

さかなくん 魚×大学教授×イベント

 

若干こじつけて、寄せた感も否めないですが、、、

大きな3本柱を持っている。

 

概ね共感頂けるのではないでしょうか。

 

どんな人でも得意分野の1つや2つはあるものです。

 

ある人は、 漫画×YouTube×エロ かもしれないし、

 

ある人は、 投資×音楽×ナンパ かもしれないし、

 

ある人は、 営業×文章×デザイン かもしれないし、

 

ある人は、 ロボット×グルメ×経営 かもしれないし、

 

ある人は、 料理×サッカー×手芸 かもしれない。

 

まあ、なんでもいいわけですよね。

 

自分の分野はとりあえずこれだ!

本業以外にこれとこれというのがあるだけでも、

何か気が楽になるし、気長に努力を楽しめる気がしてきます。

 

私はこの本を読んで、転職よりも、複業の方が美味しいんじゃないかと

改めて感じました。

 

 

書評『イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子』東海友和 プレジデント社

 

知る人ぞ知る人事の専門経営者、

小嶋千鶴子さん。

 

名前に知名度があまりないのは、現役時代あくまで黒子役に徹していたことに

あります。

 

弟の岡田卓也氏を日本一の経営者にするために、

岡田屋(現イオン)の発展を人事面から徹底サポートした人物。

 

まさにイオンを創った女性なんです。

 

では、その手腕を裏付けるものは何だったのか?

本書を読むと、その答えが見えてきます。

 

私は、二つのポイントが重要だと考えています。

 

一つ目は、男女問わず人材を登用、抜擢したこと。

社員教育に力を入れ、一時期「嫁をもらうなら岡田屋さんからもらえ」という

評判が立つほど、女子社員の評判がよかったんだとか。

 

そして、二つ目は、継続的、発展的な人材育成、定着を実現するために、

教育に力を入れ続けたことにあると思います。

「今何を読んでるんや?」「今年の目標はなんや?」とことあるごとに

社員に問うていた千鶴子さん。30年以上前から企業大学を創設して運営した人物でもありました。

 

自分自身も、生涯に渡って、常に目標を持ち勉学に励んだ人でもあります。

 

本人自信が、今日の立場があるのは、目標に向かって常に学び続けてきた不断の努力の成果であると振り返っています。

 

上に書いた二つを押さえて、達成を目指したのは、無形の資産の蓄積にあります。

千鶴子はそれをバランスシートに乗らない資産と呼んでいました。

 

数字を達成し続けるために、必要なものは、

数字で表現しにくい、人間の能力や資質を磨きつづけることが重要なんだと

本書は教えてくれます。

 

組織人事の専門書としての価値も非常に高い本書ですが、

私は、ある程度、自己実現をし企業に貢献をしていながら、

今までの貯金で仕事が回ってしまっている、成長が鈍化したビジネスマンにこそ

本書を手に取って欲しいと思います。

 

生涯に渡って発展を実現し、ある意味、盤石な基盤構築という意味での安定を

自分でも他人にも獲得させるには、持続的な努力に裏打ちされた地道な成長が必要であることを

伝説の経営者、小嶋千鶴子さんが教えてくれます。

書評『少数株主』牛島信 幻冬舎文庫 

興味はあるけど、縁がない業界については、

小説を読んで学ぶに限る。

 

本書を読んで持った感想です。

 

私は、昨年から資産運用の一環として株式投資をはじめました。

ネットの証券会社に口座を開き、少しずつ投資を開始しています。

 

なので、頭の片隅には、常に株式のことがあります。

そんな中、なんとなく本屋をぶらぶらしていて、出会ったのが本書です。

 

「少数株主」というタイトルに惹かれ、手に取ってみると、

世の中には、未上場の中小企業の株を縁あって所持している株主がいることが

分かりました。

 

主人公は、バブル期に不動産事業で名乗りを上げ、崩壊するまえに、

過度な投資から手を引き一線を退いた凄腕の事業家の高野。

 

そして、その高野の野望を実現すべく彼を支える弁護士大木を中心に

物語は進んでいきます。

 

ストーリーの主旨は、未上場企業の少数株主として、保有している本来の権利に見合わない

配当しか受けていない株主に、企業に株式の売却をするよう持ち掛け、本来の価値に見合った報酬を得るために援護射撃をしていくというもの。

いわば、塩漬けにされた株式を開放し、中小企業の内部留保を外に出そうとする取り組みです。

 

著者の牛島氏は、現役の弁護士で、企業法務に精通したプロフェッショナル。

高野と大木の間では、高度に専門的な会話もたくさん出てきますが、

物語を楽しみながら勉強することができるので、一度に二度美味しい小説です。



そして本書が生まれるベースとなっているのが、大日本除虫菊株の相続税の問題です。

 

蚊取り線香で有名なキンチョーこと大日本除虫菊の株0.49%を、相続した男性がいました。その男性は、元々4.99%を保有しておりました。足し合わせると、持株割合は5.48%になります。税務署は持株割合が5%を超えると「経営に影響がある」として、株の評価方法を変えるそうです。その結果、税務署は、男性が465万円と思って申告した株を1億6000万円と評価し、1億円もの相続税を課しました。

 

法の名のもとに理不尽な目に合う人が後を絶たない日本。

そんな課題先進国の日本に一石を投じるのが本書と言えるでしょう。

 

この記事が面白いなと思った方は、以下のリンクより

ご購入頂けましたら幸いです。応援よろしくお願いいたします。

↓  ↓  ↓

コラム:時間というかけがえのない資産

ほぼ35歳を境に働き方が、大きく変わりました。

 

以前は、法人営業の仕事をしており、早朝から深夜まで働き詰めでした。

仕事自体は、決して嫌なことではなく、むしろ仕事中毒で

営業の仕事を通じて人間的にも大きく成長できたなと実感しています。

 

縁あって仕事を変えることになりましたが、

以降、8:00~17:00という決まった時間で仕事をするようになりました。

 

分かりやすくいうと、平均睡眠時間が5~6時間だったものが、

平均8時間程度に変わりました。

 

手に入れたものは2つあります。

 

1つは、睡眠時間

 

そしてもう一つは時間です。

 

私は、従来ロングスリーパーなので、睡眠時間を確保できるようになったことは

大きなパフォーマンスの向上につながりました。

 

日中に眠くなることがなくなったのと、その日やるべきことは

ほぼ午前中で終わらせることができるようになりました。

 

仕事上のことよりも生活に大きな影響を及ぼしたのは、

家族との時間が増えたことです。

 

それまで平日は、子どもの寝顔しか見たことがなかったのに、

夕飯前に一緒に遊んで、お風呂を一緒に入る生活に変わりました。

 

なんでもない日常がこれほど貴重なのかと、

毎日に感謝をして生きるようになりました(笑)

 

あくまで一つの生き方でしかないですが、

 

20代:死ぬほど働いてスキルを磨き、お金を貯め投資を開始

30代:必要なら転職して、子どもとの時間や自分の時間を最大化する

40代:子どもたちが、小学校を卒業したあたりを見据えもう一勝負かける(?)

50代:あしながおじさんとしての生活を開始する

 

というのが一つのモデルとしてあるのではないかと

思い始めました。

 

いずれにしても今感じていることは、

時間という資産がないと大志は抱けないということです。