書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

書評『少数株主』牛島信 幻冬舎文庫 

興味はあるけど、縁がない業界については、

小説を読んで学ぶに限る。

 

本書を読んで持った感想です。

 

私は、昨年から資産運用の一環として株式投資をはじめました。

ネットの証券会社に口座を開き、少しずつ投資を開始しています。

 

なので、頭の片隅には、常に株式のことがあります。

そんな中、なんとなく本屋をぶらぶらしていて、出会ったのが本書です。

 

「少数株主」というタイトルに惹かれ、手に取ってみると、

世の中には、未上場の中小企業の株を縁あって所持している株主がいることが

分かりました。

 

主人公は、バブル期に不動産事業で名乗りを上げ、崩壊するまえに、

過度な投資から手を引き一線を退いた凄腕の事業家の高野。

 

そして、その高野の野望を実現すべく彼を支える弁護士大木を中心に

物語は進んでいきます。

 

ストーリーの主旨は、未上場企業の少数株主として、保有している本来の権利に見合わない

配当しか受けていない株主に、企業に株式の売却をするよう持ち掛け、本来の価値に見合った報酬を得るために援護射撃をしていくというもの。

いわば、塩漬けにされた株式を開放し、中小企業の内部留保を外に出そうとする取り組みです。

 

著者の牛島氏は、現役の弁護士で、企業法務に精通したプロフェッショナル。

高野と大木の間では、高度に専門的な会話もたくさん出てきますが、

物語を楽しみながら勉強することができるので、一度に二度美味しい小説です。



そして本書が生まれるベースとなっているのが、大日本除虫菊株の相続税の問題です。

 

蚊取り線香で有名なキンチョーこと大日本除虫菊の株0.49%を、相続した男性がいました。その男性は、元々4.99%を保有しておりました。足し合わせると、持株割合は5.48%になります。税務署は持株割合が5%を超えると「経営に影響がある」として、株の評価方法を変えるそうです。その結果、税務署は、男性が465万円と思って申告した株を1億6000万円と評価し、1億円もの相続税を課しました。

 

法の名のもとに理不尽な目に合う人が後を絶たない日本。

そんな課題先進国の日本に一石を投じるのが本書と言えるでしょう。

 

この記事が面白いなと思った方は、以下のリンクより

ご購入頂けましたら幸いです。応援よろしくお願いいたします。

↓  ↓  ↓

コラム:時間というかけがえのない資産

ほぼ35歳を境に働き方が、大きく変わりました。

 

以前は、法人営業の仕事をしており、早朝から深夜まで働き詰めでした。

仕事自体は、決して嫌なことではなく、むしろ仕事中毒で

営業の仕事を通じて人間的にも大きく成長できたなと実感しています。

 

縁あって仕事を変えることになりましたが、

以降、8:00~17:00という決まった時間で仕事をするようになりました。

 

分かりやすくいうと、平均睡眠時間が5~6時間だったものが、

平均8時間程度に変わりました。

 

手に入れたものは2つあります。

 

1つは、睡眠時間

 

そしてもう一つは時間です。

 

私は、従来ロングスリーパーなので、睡眠時間を確保できるようになったことは

大きなパフォーマンスの向上につながりました。

 

日中に眠くなることがなくなったのと、その日やるべきことは

ほぼ午前中で終わらせることができるようになりました。

 

仕事上のことよりも生活に大きな影響を及ぼしたのは、

家族との時間が増えたことです。

 

それまで平日は、子どもの寝顔しか見たことがなかったのに、

夕飯前に一緒に遊んで、お風呂を一緒に入る生活に変わりました。

 

なんでもない日常がこれほど貴重なのかと、

毎日に感謝をして生きるようになりました(笑)

 

あくまで一つの生き方でしかないですが、

 

20代:死ぬほど働いてスキルを磨き、お金を貯め投資を開始

30代:必要なら転職して、子どもとの時間や自分の時間を最大化する

40代:子どもたちが、小学校を卒業したあたりを見据えもう一勝負かける(?)

50代:あしながおじさんとしての生活を開始する

 

というのが一つのモデルとしてあるのではないかと

思い始めました。

 

いずれにしても今感じていることは、

時間という資産がないと大志は抱けないということです。

コラム:日本で自分が一番詳しいと断言できるものは何か?

普段はこの時間は寝ているのですが、

たまたま起きていたら面白い企画がはじまり、

くぎづけになりました。『セブンルール』は、

知っていましたが、特に出色の会でした。

 

『デザインのひきだし』編集長の津田淳子さん。

 

日本で一番、紙の印刷の分野に詳しいと言われている人です。

 

発売と同時に即完売ということもある『デザインのひきだし』

 

番組で紹介された津田さんの仕事へのこだわり、集中力、熱量。

どれをとっても突出しておりました。

 

こういう方の活躍をみるにつけ、これからの時代「超絶偏った人」が活躍していくんじゃないかと思わざるを得ません。いい意味ですよ!?

下手にバランス感覚があると、評論家から抜け出せない。生み出す側に回れない。そんな気がします。

 

自分は、日本でひいては世界で、何が一番詳しい人なのか。

自問自答するよいきっかけになりました。

 

自分がアメトーークに出演するとしたら「〇〇芸人」なのか?

これはだれしも一度考えてみる価値のあるテーマではないかと思います。

 

コラム:なぜ熊のキャラクターはたくさんいるのか?

テディベアー、LINEのブラウン、くまのプーさん、くまもん、

 

と熊をモチーフにしたキャラクターはたくさんあります。

 

絵本でも、こぐま社のこぐまちゃんシリーズ、酒井駒子さんの『よるくま』

中川 李枝子さんの『くまさん くまさん』など

たくさんのシリーズがあります。

 

なぜ、こんなにも熊は、愛されているのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

 

テディベアあたりにヒントが隠れているのではないか

と思っていたら、ネットに参考になる記事がありました。

 

以下引用します。

 

”『テディベア大図鑑』(ポーリン・コックリル著 上沢伸子訳 日本ヴォーグ社 1994)

 p8 「熊(または、ヒグマ)は19世紀の終わりごろ、子供部屋では物語の登場人物としても玩具としても、ごく当たり前の存在だった。というのも、曲芸する熊が旅回りの調教師と共にあちこちを巡業していたため、ヨーロパや北アメリカではなじみ深い動物だったからである」とあり、テディベアの原型やルーズベルト大統領のエピソード、テディベア・ブームの始まりなどの記述あり。

 p216 「子どものおもちゃには、世の中を反映しているものが多い。そう考えると、19世紀におもちゃ産業が発達したときに、ベアのおもちゃが広まったのも当然のことと言えよう」とあり。”



いやあ私も知りませんでしたが、ヨーロッパや北アメリカでは古くから

熊というのは身近な存在だったようですね。

 

また

 

『熊 ものと人間の文化史 144』(赤羽正春著 法政大学出版局 2008)

 p6 「猛獣のぬいぐるみを「かわいい」とする神経には、人の心の奥底で熊はたんなる猛獣ではなく、人の心の片隅で生き続けている自分自身であることを示しているのではないか」とあり。

 p19-20 図5「熊構造図」に「ぬいぐるみ・童話・文学」あり。「(前略)人にとっては熊の体すべてが薬であった。このように人から見た熊は大自然の中にあってそれを克服した聖なる獣であり、山の神の標であった。この熊が人間社会では魔を退散させる役割を担い、方相氏や鬼となり、母系はトーテムとなった。薬は人の病を治し、丸くて黒い体は人に投影されて文学の主人公やぬいぐるみとなって人に癒しを与えた」とあり。”

 

日本においても、熊を特別なものとして捉える文化は古くからあったと考えることができそうです。

 

となると、日本に、元々熊を特別視する土壌がありつつ、ヨーロッパやアメリカから

文化が輸入されれば、自然と浸透したというのもうなづけます。

 

ここからは私見ですが、イラストにしたときに、「非常にとっつきやすくてかわいい」

という点も熊が愛される一つの理由なんではないかと思っています。

 

参考

レファレンス協同データベースより抜粋

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000193564




コラム:表現を尊重する日常生活を送る

ものを作る人間に必要なことは何か?

 

最近そんなことばかり考えていますが、

誰かが作ったものを尊重し、愛することだと思います。

 

たとえば、絵本作家のあべ弘士さんは、

 

インタビューで次のように答えています。

 

おいしいものを食べて体を作るのと同じように、作家としての基盤を作るには、いろいろなものを食べなければいけないと思う。落語、歌舞伎、映画、美術鑑賞、運動したり、自然のなかに身を置くのでもいい。そして忘れちゃいけないのは、本をたくさん読むこと。知識は必ず役に立つ。そういうことをして、人間の懐を深くしてほしいです。

 

ここに、表現者として必要なこと、心がまえ、すべてが

詰まっていると思います。

 

誰かが作ったものをリスペクトの気持ちを持ちながら、

楽しみ、愛し、学ぶ。

 

あべさんも言っているように、人間の懐を深くしてこそ、

人の心を動かせるものを作ることが出来るのだと思います。


参考URL

講談社絵本通信 第14回

http://ehon.kodansha.co.jp/archives/interview_sakka14.html

コラム:普遍性という名の中毒性について

絵本には、長く読み継がれるものとそうでないと

分かれます。

 

長く読み継がれる作品には共通点があります。

 

少し固い言葉を使うと、普遍性があるかどうかだと思います。

 

では、普遍性とは何でしょうか。

 

それは、

 

50年前の子供だろうが、100年後の子供だろうが楽しめる事。

 

そういうことだと思います。

 

時の流れという、不可避の淘汰に

打ち勝つだけのパワーを持っていること。

それが、普遍性を持っているコンテンツの特徴だと思います。

 

さらに普遍性があるということは、廃れないということ。

それは、中毒性があると言い換えることもできます。

 

自分が作った物には、普遍性があるかどうか。

 

このものさしを持てるかどうかが

生き残れるクリエイターになれるかどうかの

分岐点ではないかと考えています。

コラム:朝の準備に使う15分

皆さんは朝の準備って何をやっていますか。

 

どうでもいい話ではありますが、私の場合をご紹介します。

 

トイレ→洗顔コンタクトレンズをつける→ひげそり→鼻毛そり→寝ぐせ直しのドライヤー

 

→着替え

 

ここまでで、だいたい15分かかります。

 

鼻毛そりは、最近30代も後半にさしかかり、

気づくと1本鼻の外に出ていたりするので、

まめにメンテナンスすることにしました。

 

この15分とは実は、どんな人でも変わらない時間なのでは

ないかと最近思い始めました。

 

だからこそ、

6:00~活動したいなら5:45分

5:00~活動したいなら4:45分

 

この15分の違いを出すこと、言い換えると、

ないものとして認識しておくことは、毎日の質をちょっと高めるために

大切なんじゃないかと思うこの頃です。