書評習慣

読書は年収に比例すると思います。新卒から約10年法人営業に従事したのち、縁あって地方都市へ移住。妻の実家の事業を継いで、ほぼセミリタイアの状態に。何不自由がない生活になったので、とにかく謙虚に生きることを心がけております。二人の子どもに恵まれ育児に奮闘中です。昔から本好きだったので、面白い本を紹介したり、コラムを書いたりしています。最近ハマッていることは、料理、株式投資、ホームセンターです。30代半ばダウンタウン世代のど真ん中です。

【エッセイ】いきなりタメ口で話してくる人をどう整理するか?

たまにいますよね。

 

初対面なのに、タメ口で話してくる人。

 

その理由は、いくつかあるかもしれないですが、

概ね、「相手をなめている」という点に集約されると思います。

 

相手が危害を加えてくる可能性がある場合は、

絶対にタメ口などききませんから。

 

じゃあ、なぜこちらをなめてくるのか?

 

年下だと思っている。

格下だと思っている。

礼儀知らずで誰にでも同じ対応を取っている。

 

くらいが理由かと思いますが、勝手に思い込んでいる訳です。

 

要するにタメ口をきいても大丈夫な相手だとたかをくくっている訳です。

 

おそらくこの手の人は、車の運転においても都合よく解釈するタイプで、

「かもしれない運転」ができないタイプです。

 

つまり、年上かもしれない。敬うべき相手かもしれない。

という思考が働かない訳ですね。

 

大変な危険思想の持ち主だと思います笑

 

なので、この手の人に出会った場合は、怒ることなく

こう思うようにしたほうが得策です。

 

「この人は人のことを誤解してしまう人なんだと」

 

初対面で、瞬時に相手の事を判断し、タメ口をきいてしまうというのは、

冷静に考えると、非常に危険な人物だと言わざるを得ません。

 

できる限り冷静に対応して、早めに距離を取るべきなんです。

 

物事を高圧的に誤解し続ける人というのは、一見強くて相手をねじ伏せているように見せますが、徐々に距離を置かれ、人と信頼関係がなかなか築けないという欠点があります。

 

そして、人と信頼関係が築けない人というのは、人から受け取るものが極端に少なくなってしまう。そもそも信用されにくいので、その人の言う事は話半分で聞かれてしまう。

 

結論どういうことか?

 

取るに足らない人だということが分かるわけです。

揉めて噛みつかれでもしようものなら、百害あって一利なし。

絶対に関わってはいけない相手です。

 

初対面でいきなりタメ口をきいてくるような相手には、慇懃無礼に接して、

とにかくソーシャルディスタンスを保つことが肝要です。

 

ウイルス感染を防ぐ行為に似ていると思います。