書評習慣

読書は年収に比例すると思います。新卒から約10年法人営業に従事したのち、縁あって地方都市へ移住。妻の実家の事業を継いで、ほぼセミリタイアの状態に。何不自由がない生活になったので、とにかく謙虚に生きることを心がけております。二人の子どもに恵まれ育児に奮闘中です。昔から本好きだったので、面白い本を紹介したり、コラムを書いたりしています。最近ハマッていることは、料理、株式投資、ホームセンターです。30代半ばダウンタウン世代のど真ん中です。

書評(ビジネス)『迷ったら茨の道を行け』佐田展隆 ダイヤモンド社

本書は、オーダースーツの製造小売り業を営むSADAの佐田社長が

その経営者としての半生を振り返った意欲作です。

 

家業を継いですぐに大きな負債を抱えたエピソードや、途中経営者をやめ再びサラリーマンになったり。また、経営者として舞い戻ってきたりと、激動の半生が生々しく振り返られております。

 

佐田社長が繰り返し書いていることの中に、

彼が家業を盛り返し、唯一無二の企業に育てたヒントが隠されていました。

 

今回はそのポイントを紹介していきたいと思います。

 

①大学時代の友人・知人をとても大切にしている

難局を迎えると、佐田社長は胸襟(きょうきん)を開いて、昔の仲間に教えを請い、

活路を見出していきます。決して独りよがりに意思決定をするということがありません。

佐田社長は一橋大学の出身ですが、持つべきものは仲間であると実感できるエピソードが満載です。

 

②テーマにもなった祖父の教えを忠実に守っていること

本のタイトルにもなっている”迷ったら茨の道を行け”という教え。

実は、佐田社長の祖父によるものです。

 

③私利私欲に溺れず、事業に邁進している姿勢

佐田社長がピンチを迎えた時に救世主が表れているのですが、

助けてくれた人が手を差し伸べた理由というのが、

人のために動くことしか考えないという佐田社長の姿勢です。

私利私欲のために事業を行う人であれば、手を差し伸べられることは

なかったのかもしれません。

 

この3つに共通しているのは、いずれも

人を大切にしているという点です。

仲間や家族の言葉を大切にし、人のことも大切に考える。

 

それこそ佐田社長の持つ大きな武器と言えます。

 

中小20万社が後継者不足で倒産すると言われている昨今。

”家業を継ぐ”という選択肢の重さと魅力を丁寧に伝えていることこそ

また本書の持つ最大の意味ではないかと読んでいて感じました。

 

中小企業が大量倒産に陥る!?

 

そう遠くない将来に訪れるかもしれない待つ日本の危機に

まったをかけるきっかけになる一冊かもしれません。