書評習慣

読書は年収に比例すると思います。新卒から約10年法人営業に従事したのち、縁あって地方都市へ移住。妻の実家の事業を継いで、ほぼセミリタイアの状態に。何不自由がない生活になったので、とにかく謙虚に生きることを心がけております。二人の子どもに恵まれ育児に奮闘中です。昔から本好きだったので、面白い本を紹介したり、コラムを書いたりしています。最近ハマッていることは、料理、株式投資、ホームセンターです。30代半ばダウンタウン世代のど真ん中です。

2020-01-23から1日間の記事一覧

書評『100万人に1人の存在になる方法 不透明な未来を生き延びるための人生戦略』藤原和博  ダイヤモンド社

本来100万人に1人の存在になろうとすると、オリンピックでメダルを取るレベルまで 登り詰めないといけません。 これは、非常に大変というかそもそも実現可能性がほとんどありません。 でも、著者の藤原和博さんが説く、 方法論は一味違います。 100分の1人を…

書評『葉加瀬太郎の情熱クラシック講座』サンクチュアリ出版

こういう話が聞きたかった! 本書を読んでみて、感じた率直な感想です。 クラシック音楽って、とても馴染み深い曲も多いのに、 どこか固くて、古くて、とっつきにくい、そんなイメージがありました。 本書は、そんなイメ―ジを一気に吹き飛ばす、 ある意味、…