書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

Googleドキュメントが便利すぎる

皆さんは、書いた文章をどうやって保存していますか。

 

一時期、私はWordで書いて、文書ごとに保存をしていました。

 

しかし、いちいちファイルを開くのが面倒で辟易していたところ、

出会ったのが、Googleドキュメントです。

 

最近は、Googleドキュメントなき文筆活動などありえない状態に

なってきました。

 

私は元々、ブログの編集画面をいきなり開いて文章を書くことができないタイプです。

なんかブログの編集画面をいきなり開いてしまうと、追い詰められているような気がしてしまい、ぴたっと手が止まってしまうんです。

 

そういう意味でも、下書きをどんどんプールできるGoogleドキュメントの

虜になってしまいました。

 

今回は、Googleドキュメントの魅力を簡単に紹介したいと思います。

 

①時系列にどんどん書いては自動保存される。

 

WordやExcelにありがちなのが、上書き保存をするのを忘れて、

PCがフリーズし、今までの苦労が水の泡になってしまうケース。

地獄のような書き直しを経験したことがある人もいるのではないでしょうか。

 

Googleドキュメントの場合は、書いている端から自動保存されていくので、

非常に安心です。書いたファイルも箇条書きのような感じで、羅列されていくので、

ストレスなく文書を管理することができます。

 

気持ちの問題ですが、書いている途中の未完成の文章であっても、

寝かせている感じもして、どんどん書いていくことに抵抗がなくなるツールです。

 

②検索機能があるので、いつでも過去の文書を取り出せる。

とても基本的なことですが、実は重要な機能ですよね。

日付もきっちり入るので、いつどんなことをどんなペースで書いていたかも

一目瞭然です。

 

③必要最低限の機能が揃っている。

文字カウントや太字、下線など必要最低限の機能は備わっているので、

使っていて、不便を感じることはほとんどありません。

 

いかがだったでしょうか。

 

簡単ではありますが、Googleドキュメントの魅力について紹介しました。

書き散らして、寝かす、そして推敲する上でストレスを感じないソフトで、

非常におすすめです。