書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

コラム「コメダ珈琲店はなぜ満席なのか?」

現在静岡市に住んでいるが、先日近所のコメダ珈琲に行ってきた。

土曜日の昼時だったこともあるが、既に満席で15分から20分くらい待つことになった。

 

せっかくなので、なぜコメダ珈琲が満席なのかをつきとめるべく

観察することにした。

 

以下は素人の目であるが、実感した率直な所感である。

 

・まず、待合の椅子のすわり心地が素晴らしい。

 

・完全分煙である。

 

・木の建物に気持ちが落ち着く

 

・併売がうまい。レジ横には自社オリジナルブレンドの販売を行っている。

さりげなく、ブランケットもおいているなどきめ細かい。

 

・スタッフの数が十分にいる。あくせくして接客をする店員が少ない。

中には、常連客と談笑しているスタッフもおり、余裕を感じさせる。

 

・クレジットカードが使えることが一目瞭然で分かる

 

・雑誌の品揃え

 

・接客のレベルが高い。ゆっくりしたかったので、1人でテーブル席を希望したのだが、

非常に感じが良かった。

 

・コーヒーチケットの販売。「切り離して友人や家族にも」という文句に痺れました。

 

・お子様連れも楽しそうにゆったり過ごしている。



総じてファミレスに近い機能なわけだが、単価が比較的高いせいか、あまりうるさい

若者の利用が目立たなかった。

 

珈琲が運ばれてきたときに、一緒に50周年の記念お菓子が添えられていた。

そこにはコメダ珈琲のコンセプト記されていた。

 

「伝統は、くつろぎです」

 

コメダが強い理由が分かった気がした。

 

彼らが提供しようとするのは、うまい珈琲でもなければ、でかいカツサンドではない。

正確に言うと、それだけではない。

 

彼らは、”くつろぎ”を提供する会社なのである。

 

くつろぎという観点で、上記の要素を見直すと、安心してゆっくり過ごすための要素が

満載であることに気づく。

 

明確なコンセプトがある会社は強いと言われているが、

あなたのお店にはどんなコンセプトがあるだろうか。

 

見直してみるのも面白いだろう。