書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

書評『京都 舞妓と芸妓の奥座敷』相原恭子 2001年

サーフィンをしないサーファーを「陸サーファー」と呼ぶが、

お茶屋に足を運ばない「花街オタク」も文化としてはなかなか面白い。

 

花街は奥深い魅力を持ち、人に話したくなるエピソード性を持っている。

 

たとえば、モルガンお雪という女性がいる。ブルゾンちえみではない。

モルガンお雪である。

 

歴史上に存在した一人の芸妓だ。なぜ芸名のような名になったのか。

 

J・Pモルガンの甥にあたる、ジョージ・デニソン・モルガンが身請けをしたからである。

同時期、千本座を創設し日本映画の父と呼ばれた牧野省三もお雪と恋仲にあったという。

ある日、身請けされるかもとの相談を持ちかけられた省三が「それは面白い。4万でも5万でもふっかけろ」と回答したところ、後日現実のものとなって新聞紙面をにぎわせることになってしまったという。

 

省三はといえば、その失恋の経験を『モルガンお雪』という題名で舞台で上演し大ヒット。

 

ちなみに、お雪は結婚するも、のちに米国籍を剥奪されフランスに移住。

死後に京都の姉妹都市であるフランスからユキサンと名づけられた白いバラを送られているという。

 

ちょっと人に話したくなるエピソードではないだろうか。

花街はこういう面白い話がたくさんある。

 

そういう意味で本書は、京都の舞妓、芸妓の基礎を学ぶ上で最適な入門書といえる。

 

理由は二つある。

 

一つ目はその辞書性だ。

 

花街文化に関連する言葉を丁寧に説明しているので、

専門用語を網羅的に理解することができる。

 

二つ目は、随所に盛り込まれた写真である。

ひょんなことから花街にはまったという著者であるが、写真を見ると深いところまで、

入り込んでいたのだなというのが分かる。

 

花街はあまりに深い世界ゆえ、関連書籍も夥しい数が出版されている。

正直、何から読み始めればいいか分からないという読者も多いと思う。

 

その意味で、何も知らないが興味はあるという人にとっては、とっつきやすい1冊であると思う。