書評習慣

大嶋暫と申します。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

いい男の選び方

ananの表紙に出てきそうなタイトルである。

 

今回のテーマは、男の選び方である。私自身女性から選ばれるような男では到底ないが、すべてを棚に挙げ、ここに声高々と語らんとする次第である。

 

最近フローレンスの駒崎さんの「選挙に行かない男とは付き合ってはいけない」という趣旨の文章を読んだ。もしかしたらすでに目を通している人も多いかもしれない。

 

内容を読んでそのとおりだと思ったが、もう一歩踏み込んで

どうしたらいい男を選べるのかということも重要である。

 

昔であれば、「3高」などど言っただろう。高学歴、高身長、高収入。

最近は「3NO」などという言葉も登場しているらしい。暴力をしない、浮気しない、借金をしない。

 

いわゆる昔の男の「賞味期限」はとうに過ぎているということになるのだろう。確かに、暴力をふるい、借金をして、浮気する、こういう破天荒なタイプの男にとって現代は非常に生きにくいだろうし、稼ぎにくい世の中になっている気がする。俳優やタレントでもそういう男が支持されている様子はないし、3枚目に完全にお株を奪われているようである。

 

むしろ、普通であることに静かな自信さえ持ち、淡々としている男性のほうが色気もあるし、信用もできる気がする。肌感覚ではあるが、実は無名の素人男性のほうが、恋愛マーケットにおいても活躍しているのではないかと睨んでいる。

 

少し話が横道にそれたが、いい男の選び方である。

私は最近、『お座敷遊び』という新書を読んだ。浅原須美という方が書いた、花街、つまり芸者の世界への指南書である。

 

日本の良き文化を学ぶ上で非常に参考になる書籍なので興味のある方は、

是非手にとってほしいが、その中に男の中の男を示す一言が収録されていたので、紹介したい。

 

「何十年と待合に通い続けた馴染み客でも、ご祝儀を渡すタイミングは、なかなか会得できないという。たとえ中身が二千円でも三千円でも、”惚れ惚れするような、憎いほど間のいい”タイミングで渡すと「気の利いたお客様だ」と褒められ・・・」

 

この文から読み取れることは、支払いのタイミングが絶妙な男はまず間違いがないということである。

 

なぜ支払いのタイミングがいい男が良いのか。ひとえに「気を使える」男であることに他ならない。場を読めると言い換えても良いと思う。

 

飲食の場で気を使えるためには、機転とそれ相応の場数が必要である。

場数を踏むには、収入と社会性、意欲が必要である。



実例を思い浮かべるとわかりやすいが、手際よく支払いを済ませる男は、たいていいい男のはずだ。その分女性が触手を伸ばすのも速い。

 

心配りがうまい男を見つけたら、うまく心配りをして自分に目がいくようにしないといけない。



参考文献

駒崎弘樹 http://blogos.com/article/52317/

浅原須美 『お座敷遊び』光文社新書 2003年