書評習慣

大嶋暫と申します。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

気づいた人からやめている

「気づいた人からやめている」

 

こんなキャッチコピーが地方自治体から登場するのもそう遠い将来ではないかもしれない。

 

おそらく、今40代くらいまでの世代は、年金で老後を生活することなど夢物語であることにうすうす感づいていると思う。

 

気づいてはいるけど、仕事は忙しいし日々生きていかないといけないので、

と大都会で踏ん張っている人も中にはいるだろう。

 

そんな中でタイミングをみて仕事をやめて、地方に移住することも一つの案である。

 

私は今年で34歳になるが、家庭の事情があって、約10年勤めた会社を退職した。今はとある地方都市に暮らしている。

 

生活は一変した。現在は、8:00-17:00で仕事をし、遅くとも18:00には家路に着く生活を送っている。今までは6:00に起きて21:00過ぎまで仕事をするような生活を送っていた。多少営業力をつけることもできたので、上司にも会社にも大変感謝をしているが、30,40代もすべて捧げていたらと思うと、決断は正しかったのかもしれない。

 

今は1週間毎日5:00には起床し、7:00まで読書や勉強に勤しむ生活をしている。

結果、好きなことに費やす時間と家族との時間が増えた。

 

規則正しい生活ができることは非常に幸せなことだと実感している。

これを実現するには、現在の自身の生活を見直すこととそのことに違和感がないのかを気づく必要がある。

 

地方にいけば必ずしも実現できるわけではないが、

東京と比較をすると、環境的にも経済的にも落ち着いて生活できるのではないかと思っている。

 

そのことに気づいた若者たちが東京を後にしはじめているのではないかと最近感じている。私の周りでも、東京で働くだけ働いて、30を境に帰郷していく人が増えているように思う。

 

実家の家業を継ぐタイミングに来たというのも大きな理由の一つだと思うが、

都会で生活をすることで得られるメリットよりもデメリットのほうが目立ち始めてしまっているのではないか。そんな風に感じるのである。

 

おそらく昔の男たちの中には、家業を継ぐことを拒否して今がある人も多いと思う。

組織の中でサバイブする生活も魅力的で面白いが、環境の中で泳ぎきる力よりも新たな価値の創出が求められる、今後の世の中では、早く一国一城の主になり、自分なりの働き方を見つけることのほうが重要な気がするのだ。