書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

痴漢の冤罪を撲滅するために

提案したいことがあります。

 

ビジネスマンのリュックサック利用の義務付けです。

私は極端な性格なので、法的に義務付けてもいいとすら考えております。

 

メリットは2つあります。

①常に両手が空く。

②電車で、リュックを前に持って文庫を広げれば痴漢の冤罪防止になる。

 

主に伝えたいの②の用途です。

 

紛れもなく、一番の解決策は男女車両の完全分離だと

私も考えております。

 

ただ、すぐには導入されなそうなので、

暫定措置として、提案したいのです。

 

前に持てば、まずいちもつが前方の人に接触することも

回避することができます。

 

リュックの最頂部に両手を

乗せておけば、絶対に触ることはありません。

 

①の話にも触れますが、私は営業職で基本的に1日中電話をしていたいので、

両手が常に空いていることはかなり快適です。