暫さんのふとまゆげ

大嶋暫と申します。なんでもキュレーター。書評を中心に様々なコラムやエッセイを書いております。

自分は今業界で何番目くらいなのか

最近、業界で自分が何番目くらいの営業マンなのか、不安を感じるようになりました。

また、自分が一番でないと気が済まないようになってきました。

 

なぜそう思うようになってきたのかは、良くわかりません。

自分の性格から考えると、大きな変化で奥さんには成長したねと言われました。

 

元々は人が自分の先を行くことに全くと言っていいほど、

抵抗感がありませんでした。同期に先を越され、後輩に先を越されることにも目を瞑ってきた気がします。

 

ところが最近は、社内の評価に関しては、引き続き無頓着な部分もありますが、

社外での評価がかなり気になり始めています。

 

業界で一番詳しい営業マンになりたい。何かあったらあいつに聞いてみようとなりたい。お客様を成功させまくる営業でいたい。

 

そう思うようになりました。

そこで新たに頭をもたげてきた悩みが「課題設定」です。

今までは、場当たり的に「素のスペック」で走り続けてきました。

よくやってこれたなと改めて実感します。

 

どうやって課題設定すれば、最短距離を走って業界トップになれるのか。

じっくり考えてみようと思います。

 

去年の暮れから大きく変わったことがあります。

 

「毎日同じことを繰り返すこと」

 

日報を書く。

マメに架電をする。

情報収集を怠りなくする。

A社で聞いた話をB社でし、B社で聞いた話をD社でと数珠つなぎ営業をする。

「書いたことは実現する」と定期的にノートに書くこと

 

気が利かないことが弱みの自分でしたが、

少しずつマメになっている気がします。

 

何かで読みました。

 

「モテる奴は、マメでタフ」

 

実践し続けようと思います。