暫さんのふとまゆげ

大嶋暫と申します。なんでもキュレーター。書評を中心に様々なコラムやエッセイを書いております。「肯定の哲学」を紡ぎます。

マンデリンの旅その1

三鷹駅。壁がヤニで真っ黄色だが、非常に味わい深かった。

f:id:kzoshima:20150307130151j:plain