書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

2018-05-13から1日間の記事一覧

書評『AIvs教科書が読めない子どもたち』新井紀子 2018年

日本人の多くの人が陥っているかもしれない、 短絡的な思考に警鐘を鳴らす1冊です。 そういう意味では、AIの本ではありません。 「AI」というキーワードは、日々新聞やTVをはじめとした様々なメディアを賑わせ、 一気に人々の知るところとなりました。…

書評『作家の収支』森博嗣 2015年

まず、『作家の収支』というタイトルになんとも言えないそそられるものがあります。 「作家」と「収支」という言葉は、なかなか同席することがないので、いい意味での相性の悪さを感じます。 武士の家計簿というフレーズも、なかなかに興味深いものがありま…