書評習慣

大嶋暫と申します。書籍応援業。おすすめ本に関する書評ブログです。様々なコラムやエッセイも書いております。少しでも面白い書評が書けるよう奮闘中です。

2018-03-03から1日間の記事一覧

書評『保育とは何か』近藤幹生 2014年

この著作は、現代の保育にまつわる様々な問題について、網羅的に知ることができる 1冊である。内容は、待機児童問題、保育の現場で起こっていること、優れた保育園の実例紹介、子ども子育て支援新制度について、過去と現在の社会の変化による保育の変化、保…